飛行機の乗り方

飛行機の乗り方【高齢者】

「高齢者」の方の飛行機の乗り方について、お一人で乗られる方も付き添いの方も色々不安な事が有ると思います。
そこで高齢者の方の乗り方にはどんな注意点が有るのか挙げてみたいと思います。
各航空会社で対応方法が違うと思いますが、共通して挙げられているサポートが有ります。

先ずは高齢者の方の場合、空港職員がサポートしてくれます。
出発の際には搭乗口まで、到着の際には到着ロビーまでは安心して任せていただければ良いでしょう。
もし歩く事が困難な場合は飛行機に乗せられる車椅子を用意してくれます。
この時ご自分の車椅子は搭乗口までは持っていけますが、機内に乗せられませんので貨物室に預ける様にしてください。
但しバッテリー等が積まれている際には取り外して預ける事になりますので注意して下さい。
またバッテリーについてですが、種類によっては貨物にも積み込めない場合が有る事も有りますので、電動車椅子をご利用の方は事前に航空会社に確認しておくと良いと思います。
杖をついている高齢者の方の場合、杖は機内に持ち込み可能となっています。
また搭乗の際には高齢者の方が優先して搭乗できますのでゆっくり中に入る事が出来ます。

基本的には高齢者に対してこの様なサポート体制が用意されていますので、安心して飛行機に乗って頂く事が出来ます。
またこれ以外のサポートが必要だと言う場合には、事前に航空会社に連絡する事で可能な限り対応してくれると思いますので相談してみると良いでしょう。

ページトップへ